角膜移植の概要

概要

角膜とは、眼球の一番前に位置している直径11.5mmから12.0mm、ドーム上の透明な膜のことです。角膜は、眼球内への病原体の侵入を防ぐこと、光を屈折させること、そして光を通すはたらきがあります。角膜が病気やケガで濁ると、光を通さなくなり見えなくなってしまうのです。

角膜は、元来透明ですが、ケガや病気のために、この部分が白く濁って「すりガラス」のようになりますと、たとえ目の奥の神経が健康であっても、視力が著しく悪くなります。この濁った角膜を取り除き、この部分に亡くなった方の透明な角膜を移植することで、視力を取り戻す手術を角膜移植術と言います。現在までに角膜移植を受けて、数多くの患者さんが、視力を取り戻しておられます。